« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月20日 (月)

自分にとっての旅とは

言葉が足りなくてブログの内容で前のブログでのコメントのように
思われてる方がいらしたらごめんなさい。

パプアは最後の楽園といわれているうちの一つの場所です
そんな中出会う人々、そこで自分自身がどう感じどんな音が生まれるのか
どうしても知りたくて行ってきました。

その未開な場所へ行く
きっかけを与えてくれるのがサーフィンであり仲間です。

シンプルな大自然の生活の中での会話や音楽は
都会では絶対味わうことの出来ない特別な感覚を
パプアの旅は教えてくれました。
旅で得た感覚は僕の脳の中に記憶され
ギターの音と共にでてくると信じています。

もはや非日常となってしまった
そういったバイブレーションを今後も自分の音楽に取り入れ
皆さんに届けて行きたいと思っています。
旅で感じたことを音にするのは
は僕にとってやっと出会うことのできた音楽表現のうちの
一つ。
海の話や旅の話題は曲が出来る過程として
これからも続けていくつもりです。

ここまでたどり着いたのも
自分が好きな音楽で食べて行けているのも
いつも応援してくれる皆さんのおかげだということを
忘れたことなどありません。

2012年2月20日 | | コメント (14)

2012年2月17日 (金)

パプアニューギニア2

パプアのテュピラ村の空気感を是非。

伊良湖にあるサーフショップchilloutのオーナー
mattchanが撮影してくれました。

海と音楽と両方で繋がっている
仲間の演奏です。
akila&sala

メローで気持ちいいコラボ曲!

宿の山側、目の前の広場にて。。

途中の子供達の笑顔、
なんて美しいんだろう。。。

http://www.youtube.com/watch?v=to4EHWe1WBg&list=UUbTXmn1siu5Loa57YNBKZew&index=3&feature=plcp


僕は海側のバーラウンジで。

深夜月明かりと波音の中生まれた曲を。
素晴らしい自然と仲間達に出会えたことに感謝。

http://www.youtube.com/watch?v=apuN_lwkpnY&list=UUbTXmn1siu5Loa57YNBKZew&index=4&feature=plcp

大自然と必要最低限のものしか無いここでは
音楽という存在がものすごく大きい。

海から上がると誰かが必ず音楽を奏でていました。。。


つづく。。。

2012年2月17日 | | コメント (3)

2012年2月17日 (金)

パプアニューギニア1

僕にとってサーフィンは
旅のきっかけ与えてくれて
自然との繋がり方を教えてくれるもの。


先日パプアニューギニアへ行ってきました。

プロサーファーの吉川共久君が
その国の観光大使。
ミュージシャンやショップオーナーetc...
彼を取り巻くピースなメンバー達と
旅行前日パプアの子供達に寄付するつもりで買った
2000円のガットギターとサーフボードを
持って。

場所はポートモレスビーから乗換で1時間、さらに車で2時間。

Imgp0274_2

2、30分途中走ると電線がなくなり緑一帯ジャングルの中を1本の道路が延々と。

ごくたまにすれ違う車は
みんなこんな感じで盛り上がる

Imgp0366_2

道を歩いている子供達、村の人々、必ず手を振ってくれる。


到着して自分たちのステイする建物にまず感動。
なんと高床式住居!

Imgp0384

そしてその裏側では
極上の波が。

Imgp0929


Imgp0422_2

もちろんテレビやラジオ、インターネット等あるわけも無く
電気も自家発電。

そこの子供達は自然の中から遊びを見つける天才。
海ではしゃいだり、木登りしたり、葉っぱで何か作ったり、面白いものが落ちていないか探していたり、ものすごくシンプルだけどとても楽しそう。

僕が貝殻を拾っているとさりげなく寄ってきてこれはどう?と
渡してくれて、綺麗だと喜ぶと目を輝かせ
さらに綺麗なのを見つけようとしてくれる。

彼らの遊び場に案内してもらった。
すごいパワーのある木。

木登りを教えてもらいマスターした
シンガーソングライターakila君。

Imgp0698


僕も登ったけどけっこう怖かった(笑)

隣村にもサーフポイントがあり
移動はこんな感じで(笑)


Imgp0732

(ちなみに向かいに座ってるのは吉川君と元プロボディーボーダーの船山直子さん)


こちらの村でも子供達が大はしゃぎ。
カメラをむけると何かしてくれます。

Imgp0748

子供用自転車。
彼らにとってものすごく価値があるものだと思う。

Imgp0449

自然と共存している彼らはとてもシャイで
目がとても美しい。
そして逞しくて精神年齢が高い。

彼らは僕にスピリットを与えてくれた。


Imgp0472

2へつづく。。。。

2012年2月17日 | | コメント (1)