« パプアニューギニア1 | トップページ | 自分にとっての旅とは »

2012年2月17日 (金)

パプアニューギニア2

パプアのテュピラ村の空気感を是非。

伊良湖にあるサーフショップchilloutのオーナー
mattchanが撮影してくれました。

海と音楽と両方で繋がっている
仲間の演奏です。
akila&sala

メローで気持ちいいコラボ曲!

宿の山側、目の前の広場にて。。

途中の子供達の笑顔、
なんて美しいんだろう。。。

http://www.youtube.com/watch?v=to4EHWe1WBg&list=UUbTXmn1siu5Loa57YNBKZew&index=3&feature=plcp


僕は海側のバーラウンジで。

深夜月明かりと波音の中生まれた曲を。
素晴らしい自然と仲間達に出会えたことに感謝。

http://www.youtube.com/watch?v=apuN_lwkpnY&list=UUbTXmn1siu5Loa57YNBKZew&index=4&feature=plcp

大自然と必要最低限のものしか無いここでは
音楽という存在がものすごく大きい。

海から上がると誰かが必ず音楽を奏でていました。。。


つづく。。。

2012年2月17日 |

コメント

ようすけ君は風のような人だね。自由で爽やかで明るくて、羨ましいです(笑) ようすけ君の存在は私の心の支えなので、今年も沢山お会いしたいです(*^o^*)

投稿: 魔術師 | 2012/02/19 10:14:46

パプアニューギニア楽しそうですね。ブログ久しぶりに拝見しました。

旅行に行くお金は誰からですか?
楽しんで音楽を出来ているのは誰のおかげですか?

あなたを支えているのは、申し訳ないけど旅行に行った仲間ではないということを理解して欲しいです。

彼らの仲間はあなたのCDを持っていますか?あなたのライブにちゃんとお金を出して来ますか?

たぶんようすけ君がお客さんが入らなくなって売れなくなってもその仲間は自分の事で精一杯の人達だと思うので助けてくれないと思う。多分自分を犠牲にしてまでしてくれる人なんていないでしょう。私もサーフィンしてるからプロサーファーの人とか知ってるし、自分自身が大変なんです。

もしようすけくんが会社員とかだったらそういう事を言わない。
でもあなたはたくさんの人に支えられて今があることを忘れないで欲しいです。
この先音楽で食べて行くってそういう事だと思います。

私は、あなたの事が嫌いだったり、興味がなければ怒らない。
でもそれだけ、自分の中の無いお金の中から支えてきた一人だから言えるんです。

私はようすけ君のファンに嫌われるとか別にどっちでもいい。もうようすけ君に嫌われる事も怖くないので書きました。

でも音楽を好きな人の気持ちを裏切らないでほしいです。

私はそれだけあなたの才能に期待をしているから、今もこうやって昨日から熱が出てるけど、心配してるんです。(腹も立ってるけど)


別にもう誰とサーフィン行こうが、別にかまわないです。
ただ、これはあくまで小沼ようすけの音楽が好きな人が見るブログです。

トリップの事書きたいんだったら、サーフィン雑誌だけにしておいてくださいね。

明日予約がとれたら、ひょっとしたら私の中で見に行くのが最後になるかもしれません。

私のような口うるさいファンはきっと要らないと思うので消えます(笑)

では明日楽しみにしています。


投稿: イルカになりたい私 | 2012/02/20 10:12:50

パプアニューギニア、素敵なところですね!
ライブでmade in papuaの曲聞けるの楽しみにしています!

一緒に旅して楽しい時間を共にした海の仲間のみなさんも小沼さんのことを真剣に考えてくれている、小沼さんの音楽が大好きなファンの私達も小沼さんのことをみーんなで支えてるんだと思います♪そして支えあってるんではないでしょうか。

これからもいろんなところで生まれる小沼さんの素晴らしい音楽を楽しみにしています。

投稿: Tink | 2012/02/20 13:41:59

コメントを書く





絵文字を挿入