2010年6月16日 (水)

A bird on the cloudy sky

曇り空、群れからはぐれた渡り鳥。

はぐれてしまったのか、自らその道を選んだのか。。。


new album
"jam ka" 6/23 発売。

2010年6月16日 jam ka | | コメント (5)

2010年6月16日 (水)

friend&lover

いつかの晴れた日の午後
海辺には、カップル、親子、友達同士、または一人できている、
それぞれが自然と戯れている絵。
海側からは幸せな浜一面がみえる。
とても平和な瞬間。

シンプルなギターフレーズ&ハーモニーが思い浮かび
譜面に残しました。
僕の譜面の上には日付と晴れ、メロー、オフ(向かい風)、○(コンディション)
と書いてありました。

レコーディングのリハーサル時ギターのみを仮録音、
この上に歌が入ったらいいなあと話してみたところ
翌日”サプライズプレゼントがあるよ”
とステファニーマッケイ(vo)が
素敵な歌をいれてくれた音源を。

そして綺麗な歌詞をつけてもらい。。。

鳥肌もんだった!

自分にとって初の歌もの曲。

friend&lover

6/23"jam ka"発売!

2010年6月16日 jam ka | | コメント (5)

2010年5月30日 (日)

seascape

Miura_photo

三浦安間くんの写真。

写真っていろんなことを
自由に想像出来ます。


朝日が昇る前、空の色が変化し
鳥達がさえずり期待を胸いっぱいにして、
いい日であるよう願う。
太陽が顔を出したら
その力に感謝しよう。

seascapeはそんな曲。


アルバム
”jam ka"
6/23発売です。

2010年5月30日 jam ka | | コメント (14)

2010年4月29日 (木)

rain drops

まさにこの景色。やっと写真に撮れた!

雨は一般的に憂鬱ですが、
どうやら自然界にとっては喜びのようです。

雲が押し寄せ雨がどんどん強くなる。

まるで水がダンスをしているようです。

-rain drops-
6/23発売アルバム"jamka"に入っています。


P4280575


P4280571

2010年4月29日 jam ka | | コメント (11)

2010年3月19日 (金)

今回のレコーディングのきっかけ

さかのぼること12年前、
中目黒にある小さなライブハウス。

当時すごくお世話になっていた
ベーシスト佐藤鉄也さん
とのDUOライブ。
お客さんは数人。

面白い人をよんだからと、
そのベーシストに紹介されたのが
松永誠一郎。

当時NYにすんでいて
最先端だったジャムバンドの
記事を書いて日本に紹介したり
エイブリベラのギターを
取り寄せたりしていた。

ジャムバンドと言うキーワードと
エイブのギターに興味持って
手に入れたことからすぐ友人となり
いつかなにかやりたいねと。

ちょうどその頃、
彼はソウライブ(NYのジャムバンド)
関係のギグで
ジャックシュワルツバルトと知り合い
日本に来日したとき
僕のライブに連れてきてくれたり
NYへ行ったときにもセッションや
お茶をしたり。

自分が新しい可能性を
求め事務所を独立するタイミングで
このレコーディング
が可能になるチャンスが訪れた。

逆に言うとこれを可能にするには
独立するしかなかったともいえる。

僕のことを考えてくれてうまく
飛び立つよう背中を押してくれた


新しい世界を切り開ける
ものと出会えたのは
12年越しの縁。

このレコーディングは
別に新しいものを無理からに探し求めて
というより元に戻ってみたら
やるべきことがあったという
自然発生的なもの。


今回のレコーディングスタジオ、アルバムの構成
、ライブ、ミュージシャンetc...を
全てプロデュースした松永誠一郎、co-producerとして
saxプレイだけでなく楽曲のグオッカのリズムアレンジ、
様々なアドバイスをしてくれた
ジャックシュワルツバルト、
ブルーノートNY終演後に。
R0012219


p.s
今後のライブ情報はこちらから
ご覧になれます。
www.yosukeonuma.com

2010年3月19日 jam ka | | コメント (12)

2010年3月16日 (火)

レコーディング風景6

R0011954

ちょっと時間をさかのぼって
リハーサルスタジオの風景です。

今回の音楽におけるキーパーソンは
saxのジャックシュワルツバルト。

グオッカという
土着なリズムと西洋の持つ
ハーモニーや音楽スタイルを
うまくミックスするために
様々なアイディアをくれる。

アレンジャーとしても
プレイヤーとしても素晴らしい。

ディアンジェロ、エリカバドゥ、
ミシェルンデゲッチオ、RHファクター
最先端のシーンで
それらのホーンアレンジをしていたが
自分の音楽に集中するために、
それらの活動から自ら離れた。


2年くらい前初めて彼のグオッカプロジェクト
をきいたとき、その土着的なリズムと
ジャズのもつハーモニーの融合が
今の自分のライフスタイル
と共通すると思った。

この写真はリハ当日の写真。
シリアスに追求してる瞬間だ。


初めてトライしたグオッカドラムの
リズム、最初はこのリズムの波にうまく
乗れませんでしたが、
回を重ねるごとにに心地よくなっていく。

フィールがつながる感じというか
なんといえばいいんだろう。

自分にとって全く新しいものだ。

2010年3月16日 jam ka | | コメント (6)

2010年3月14日 (日)

レコーディング風景5

session中!

R0012111


春の陽気ですね。
無事帰ってきました。

充実した日々を過ごすことができました。

これから
まだまだアップして行きますね。

来週から
セッションライブ
目白押しです。

是非チェックを

HPアドレスが変わりました。

www.yosukeonuma.com

2010年3月14日 jam ka | | コメント (8)

2010年3月 6日 (土)

レコーディング風景4

同い年のコンソール1974"Neve"(ニーブ)。

R0012209

2010年3月 6日 jam ka | | コメント (6)

2010年3月 4日 (木)

レコーディング風景3

piano,E-pianoはMilan Milanovic。


R0012124

今回のレコーディングメンバーは
ジャック(sax)のグゥオッカプロジェクト
のオリジナルメンバー。

ソロイストを斬新で美しいハーモニーで
みなをサポートする。

知的で洗練された
ソロも最高!

あと日本語を発音ばっちりで
おぼえていてそれが
おかしかった。

”君髪の毛おろしたほう方が奇麗だよー”
なたらかんたら。。。。

みたいな。


どこで覚えたんだか(笑)

2010年3月 4日 jam ka | | コメント (7)

2010年3月 3日 (水)

レコーディング風景2

R0012028


これはマケというグアダループの
パーカッション。

深くていい音がします。


グオッカリズムを合間
オリビエにレッスンしてもらいました。

R0012020

2010年3月 3日 jam ka | | コメント (4)

2010年3月 2日 (火)

レコーディング風景

26726_106181036067795_1000002769763

ベースはreggie washington

rhファクターやスティーブコールマン
バンドに在籍し、ひたすらグルーヴしまくるベーシスト。

ベースはグウォッカ太鼓と現代のjazzハーモニーや
メロディーなどを粘着する役割があり、
このプロジェクトに彼は欠かせない存在だと
ジャックが言っていた。

一切無駄がなく
自然のリズムともつながっている
ほんとすごいベーシストだ。


お茶目なとこもあったり
よく笑わせてもくれます。

2010年3月 2日 jam ka | | コメント (8)

2010年3月 2日 (火)

Brooklyn Recording

今回レコーディングしたとこは
brooklyn recording というところ。

好きなの使ってもいいよと
言われましたが
このヴィンテージアンプの山!

日本では手に入らない貴重な
フェンダー、ギブソン、マーシャルの
50's、60'sものが目の前に。


楽園だー


R0011996

R0012010

2010年3月 2日 jam ka | | コメント (7)

2010年3月 1日 (月)

The jazz standard

アフリカ出身ギタリスト”リオーネル ルエケ”
を見に27stにあるjazz club ”the jazz standard"へ。

以前東京ジャズのときに
ハンコックのバンドに参加していて、
楽屋で少し話した以来。

すごくいいライブでした。

しかも、
なんと後ろの席にリチャードボナが!
2004年彼とのレコーディング以来
ピックをやめて、指で弾くように
なった。

新しいアルバムにゲスト参加している
らしい。
これはチェックしないと。

久々の再会に感激!

R0012280

2010年3月 1日 jam ka | | コメント (9)

2010年3月 1日 (月)

雪の様子

ブルーノート当日、雪が!

昼すぎには無事やんでよかったです。


R0012196

.........(笑)


R0012198

2010年3月 1日 jam ka | | コメント (4)

2010年2月27日 (土)

無事!

レコーディング、ライブ無事終了しました。

今までのものをすべて出し切ったアルバム
が完成したとおもっています。
初のブルーノートNYでのライブも
最高にハートフルなメンバーと
あのステージにたてた余韻とともに
忘れられない一日となりそう。

日本から来てくれた方も
いたり終わってから声かけてくれたり
なんかそういうのって
涙出るくらいうれしいですね。。

皆さんの応援にも
心から感謝しています。

またもろもろアップします!

2010年2月27日 jam ka | | コメント (6)

2010年2月23日 (火)

The beautiful day burger!

R0012678


こんなバーガー見つけたら食べるしかない。
(前作のアルバムタイトルと同じ)

ナイスなネーミングです。
味もよかった!


R0012674

2010年2月23日 jam ka | | コメント (10)

2010年2月21日 (日)

リハーサル!

今日からリハーサルが始まりました。

フランスから二人の
great percussionistが。

今回のアルバムのキーポイント
となるのはグォッカというリズム。
その昔アフリカからカリブのグアドゥループに
伝わって独自に発展したもの。


彼らはそのスペシャリスト。

そのグルーヴといったら
かなり強力ですよー

R0012657

アーノルドとオリビエと。

2010年2月21日 jam ka | | コメント (11)

2010年2月17日 (水)

NYから

R0012627


約5年半ぶりのNY。

程よい雪で助かった!

なにかやんなきゃというエネルギーに
満ちあふれている場所だ。

ここ数日は、
今回一緒にアルバムを作るjacquesと
曲の打ち合わせやデモ作りを。 

また報告しますねー。

2010年2月17日 jam ka | | コメント (9)